QHY247C冷却CMOSカメラ(APS-C2400万画素14bitカラーCMOS)

■センサーはSONY製APS-Cサイズ2400万画素カラーCMOS
■スターイーター(星食い現象)のない真の14bitRAW画像が得られる。




QHY247CはSONY製IMX193というAPSサイズのCMOSセンサーを使用しています。リードアウトノイズが極めて少なく、クオリティの高い滑らかな天体写真画像が得られます。




Nikonのカメラで星を撮った際に各所で懸念されていたスターイーター(日本では「星喰い現象」)について、このカメラはRAW画像を味付けなく一から生成するため、違和感のない本来の星の魅力を引き出すことが可能です。




明るい星の周りのハロ・ゴーストは、光路内のガラス表面間の反射によって発生します。 コーティングされていない表面は通常約8%〜10%を反射し、一方高品質の多層コーティングは1%以下しか反射しません。 IMX193はセンサー上に優れた品質のARコーティングを施しており、これによりハロ・ゴーストを大幅に低減することができます。


QHY247Cによる天体写真作例




QHY247Cの仕様表はこちら

販売価格
223,888円(税込246,277円)
購入数